長時間透析対応

ここでは、長時間透析の特徴やメリット、そして長時間透析を実施しているクリニックを紹介します。

身体への負担が少ない長時間透析

長時間透析とは、5~8時間以上の長い時間をかけて人工透析を行なう透析法です。

何年か前の透析は8時間程度が標準でしたが、技術の進歩により現在では4時間程度の透析が主流となっています。これにより、時間の短縮が可能となりましたが、一度に流れる血流量が倍近くになるため心臓への負担の大きさが懸念されています。心臓に負担をかけたくない方や体力に自信のない方は、長時間透析を受けるケースが多いです。

長時間透析を行なっている人工透析クリニック

長時間透析はベッドやチェアがふさがってしまうため、対応している病院がまだまだ少ないのが現状です。しかしながら患者の体への負担が少なくて済むため、積極的に導入を図るクリニックも増えています。ここでは、早くから長時間透析に取り組んでいる良心的な東京のクリニックを探してみました。

渋谷笹塚循環器HDクリニック

渋谷笹塚循環器HDクリニックの公式HP画像
画像引用元:渋谷笹塚循環器HDクリニック
(http://sasazuka-clinic.jp/)

【最大24時まで診療】

患者からの希望があれば、体調などをしっかり診察した上で長時間透析の要望に応えてもらえます。透析中の環境にも万全の配慮がなされているため、長時間の透析でも快適に過ごせると評判です。

  • 住所/東京都渋谷区笹塚1-30-3 ビラージュ笹塚Ⅲ 4F
  • アクセス/京王線「笹塚駅」より徒歩1分
  • 診療時間/9:00~13:00(月~土)、14:00~20:00(月・水・金)
    ※月水金の血液浄化は夜20時まで受付可。火木土は13時まで受付。
    ※時間枠予約制。透析開始の10分前までに待合室で待機。
  • 休診日/日曜

渋谷笹塚循環器HDクリニックの長時間透析について公式HPで詳しく>>

東京ネクスト内科・透析クリニック

東京ネクスト内科・透析クリニックの公式HP画像
画像引用元:東京ネクスト内科・透析クリニック
(http://www.tokyonext.jp/)

【最大22時30分まで診療】

患者のライフスタイルに合わせた透析方法が選択可能なクリニックです。診療時間内で、患者さんの希望にあった治療時間を提供しており、長時間透析をおこなうことができます。

  • 住所/東京都荒川区西日暮里2-22-1ステーションタワープラザー2F
  • アクセス/JR山手線「日暮里駅」より徒歩1分
  • 診療時間/8:15~22:30(月~土)
  • 休診日/日曜、祝日

東京ネクスト内科・透析クリニックの長時間透析について公式HPで詳しく>>

田端駅前クリニック

田端駅前クリニックの公式HP画像
画像引用元:田端駅前クリニック
(http://www.tbt-toseki.jp/)

【最大23時30分まで診療】

患者の希望により、5時間以上の長時間透析に対応可能です。少しでも透析効率を上げるために可能な限り血流量を上げているそうです。安心して透析が受けられるように、日本で初めて自身警報装置が付いた透析チェアを導入しています。

  • 住所/東京都北区田端1-21-8 NSKビル4F
  • アクセス/JR山手線・京浜東北線「田端駅」より徒歩1分
  • 診療時間/8:30~19:00(月・水・金)、18:00~19:20(火・木・土)
  • 休診日/日曜

田端駅前クリニックの長時間透析について公式HPで詳しく>>

長時間透析は安全性の高さとサポート体制をチェック

渋谷笹塚循環器HDクリニックではその他にも在宅透析などもサポートしています。循環器内科外来も併設していて、合併症対策においても安心度があります。総じて患者サイドに立脚して治療をしているクリニックという印象があります。

東京ネクスト内科・透析クリニックは、基本が長時間透析です。ベット数は43床あって、全台にBV計を設置しているため安心。また、実施医院が少ないオーバーナイト透析に対応している都内のクリニックです。

田端駅前クリニックでは、患者さん向けに電子カルテをiPadで可視化できるようにしていて、検査データの変化や、数値がいつでもわかります。患者さんの日々のコンディション管理に力を注いでいます。