シャントトラブル対応

 ここでは、人工透析で陥りやすい「シャント」に対応している病院についてご紹介します。

シャントトラブルとは

そもそもシャントとはなにか?というと、これは人工血管のことです。透析のためには大量の血液を透析器に移動させ、キレイな状態にしてから身体に返す必要があります。

そのための取り出し口としてバスキュラーアクセスというものが作られ、その中で動脈と静脈を直接つないでたくさん血液が通るようにした血管のことを内シャントと呼ぶのです。

つまり、シャントトラブルとは、この血管の中に何らかのトラブルが発生した状態ということ。具体的には、血栓ができて血管内が狭くなってしまうトラブルが代表的です。

他にもかゆみや血管痛、むくみなども発生しやすいシャントトラブルだといえるでしょう。

トラブルが発生した場合は、自分で対処する事はできないため、治療を受けなければなりません。血圧測定でシャントを作った腕を圧迫したり、腕時計をする、重いバッグで腕を締め付けるなどもシャントトラブルを招く原因の一つとなります。

治療について

シャントトラブルが発生した場合、まずは検査が行われます。続いて手術です。基本的に日帰り手術となるでしょう。

バルーンと呼ばれるものを使った拡張術が行われ、風船を付けたカテーテルで狭くなった部分を広げます。手術に必要な時間は30分~1時間程度。その後は、しばらく休憩をしてからシャント音を確認、問題がなければ帰宅できます。

治療は保険が適用となるため、3割負担でだいたい5~6万円程度となるでしょう。

シャントトラブル対応可能な人工透析クリニック

シャントトラブルの対応ができる東京都内のクリニックの中から患者さんたちからの評判が高い3つのクリニック・病院を選びました。

シャントトラブルに対応してくれるクリニック情報

シャントトラブル対応を実施しているクリニックや病院の情報です。調べた中では東京都内では3ヶ所のみ対応していました。

新宿石川クリニック

新宿石川クリニックの公式HP画像
画像引用元:新宿石川クリニック
(http://www.touseki-hdclinic.com/)

【シャント外来もあるクリニック】

バスキュラーアクセスの日帰り手術を可能としているのが大きな特徴です。また、シャントトラブルを防ぐためには、なにか異常があった時にすぐに適切な診療を受けることが大切。予約制ではありますが、シャント外来では状態確認の相談なども受け付けてもらえます。

  • 住所/東京都新宿区西新宿1-7-1  松岡セントラルビル6・7F
  • アクセス/JR・小田急線・京王線・東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」より徒歩1分
  • 診療時間/8:30~22:00
  • 休診日/日曜

新宿西口腎クリニック

かもめ・みなとみらいクリニックの公式HP画像
画像引用元:新宿西口腎クリニック
(https://www.zenjinkai-group.jp/)

【トラブルを未然に防ぐことが可能】

シャントトラブルが発生した場合、適切な対応をしてくれます。それだけでなく、バスキュラーアクセスの治療の他にもトラブルを未然に防ぐための治療も行っているため、実際にトラブルが発生してから対応するのではなく、予防のための対策を取るのにも役立ってくれるでしょう。

  • 住所/東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー7F
  • アクセス/都営大江戸線「都庁前駅」より徒歩3分
  • 診療時間/9:00~、16:00~22:00(月~土)
  • 休診日/日曜

代々木ステーションクリニック

横浜第一病院人工透析センターの公式HP画像
画像引用元:代々木ステーションクリニック
(http://www.yoyogi-sc.com/)

【日帰りでの治療に対応】

日帰りでのシャント手術の他、内シャントの新設やシャント不全の緊急トラブルにもしっかり対応してくれます。しかも、日帰り手術での対応が可能であるため、なかなか時間が取れない方でも安心できるでしょう。トラブルを未然に防ぐための定期検診なども行っています。

  • 住所/東京都渋谷区代々木1-35-4 代々木クリスタルビル4F
  • アクセス/JR山手線・総武線「代々木駅」より徒歩0分
  • 診療時間/8:00~8:50(午前)、12:30~13:15(午後)、17:00~18:15(夜間)
  • 休診日/日曜