仕事終わりに立ち寄りやすい!
東京の人工透析クリニック

人工透析は日々の生活の中で、継続して治療を行う必要があります。
日々の生活の中でなるべくストレスの無いよう、上手に治療と付き合っていかなければなりません。

このサイトでは、東京都内の人工透析クリニック156院を調査しました。
仕事終わりに通院できるように駅から近く、夜間透析が受けられるクリニックを確認しておきましょう。

  • エリアで選ぶ
  • 新宿・渋谷
  • 新宿・渋谷周辺で夜間透析があり、駅から近いクリニックは?

渋谷笹塚HDクリニック

Googleで「人工透析 東京」と検索した際に出てきた、156院の人工透析クリニックを調査。その中で新宿・渋谷区内にあり、最寄り駅から徒歩1分圏内にある6院を選出。6院の中でも、夜間透析の最終開始受付時間がもっとも遅く、Googleの口コミ評価が高い(4.0以上)「渋谷笹塚HDクリニック」を紹介します。(2023年7月20日調査時点)

渋谷笹塚HDクリニック公式HPキャプチャ

引用元:渋谷笹塚HDクリニック公式HP
(http://sasazuka-clinic.jp/)

渋谷笹塚HDクリニックの
おすすめポイント

人工透析の最終受付時間は18:30と、都内でも夜遅くまで対応。月・水・金は、23:00まで夜間透析を受けられます。他の医療施設との医療連携もしており、合併症対策として栄養指導やフットケアにも注力。場所は京王線の笹塚駅から徒歩1分。新宿・渋谷近辺に勤めている人でも、無理なく通うことができるクリニックです。

渋谷笹塚HDクリニックの対応と特徴

夜間透析対応丸 長時間
透析対応

HP記載なし
合併症対応※丸 在宅透析対応丸

※シャント超音波検査又はエコー検査を実施しているクリニック

  • Googleの口コミ評価★4.5(15件)※2024年1月7日調査時点
  • 23:00まで透析可能(月・水・金のみ)
  • 医師、技師、看護師がいつも常勤で対応
  • オンラインHDFと純度の高い透析液を使用
  • ブックホルダー付透析専用チェア、DVDプレーヤー付テレビ・Wi-Fiあり

公式HPでもっと詳しく見る

渋谷笹塚HDクリニックの医院情報

所在地 東京都渋谷区笹塚1-30-3 ビラージュ笹塚Ⅲ 4F
アクセス 京王線「笹塚駅」より徒歩1分
透析時間 (月・水・金)8:30~14:30、14:00~23:00
(火・木・土)8:30~14:30
休診日 日曜
電話番号 0120-051-137(フリーダイヤル)、03-5738-1501
  • エリアで選ぶ
  • 新橋・品川
  • 新橋・品川周辺で夜間透析があり、駅から近いクリニックは?

品川腎クリニック

Googleで「人工透析 東京」と検索した際に出てきた、156院の人工透析クリニックを調査。その中で新橋駅もしくは、品川駅を最寄り駅とする人工透析クリニックを3院選出。3院の中でも夜間透析に対応し、唯一最寄り駅から徒歩1分の距離にある「品川腎クリニック」を紹介します。(2023年7月20日調査時点)

品川腎クリニック公式HPキャプチャ

引用元:品川腎クリニック公式HP
(https://www.shinagawa-jin.com/)

品川腎クリニックの
おすすめポイント

人工透析の最終受付時間は18:00となっており、休診日は日曜のみ。夜間透析は22:00まで行うことが可能です。透析開始から終了まで、医師が対応。全台オンラインHDFになっており、長時間透析はもちろん腹膜透析もできるようになっています。場所は山手線の品川駅から徒歩1分。品川駅港南口からエスカレーターを降りて、すぐの場所にあります。

東京新橋透析クリニックの対応と特徴

夜間透析対応丸 長時間
透析対応
丸
合併症対応※丸 在宅透析対応
HP記載なし

※シャント超音波検査又はエコー検査を実施しているクリニック

  • Googleの口コミ評価★4.0(1件)※2024年1月7日調査時点
  • 22:00まで透析可能
  • 透析ベッドは全台自動の35床を用意
  • 透析を専門とする管理栄養士による栄養指導あり
  • 無料の液晶テレビ、Wi-Fi、個人用のロッカーを用意

公式HPでもっと詳しく見る

品川腎クリニックの医院情報

所在地 東京都港区港南2-6-10 三矢ビル5F
アクセス JR山手線「品川駅」より徒歩1分
透析開始時間 (1クール)7:40~8:15、(2クール)12:30~13:00、(3クール)17:00~18:00
※土曜は17:00~17:20
休診日 日曜
電話番号 03-3458-9801
  • エリアで選ぶ
  • 赤羽
  • 赤羽周辺で夜間透析があり、駅から近いクリニックは?

望星赤羽クリニック

Googleで「人工透析 東京」と検索した際に出てきた、156院の人工透析クリニックを調査。その中で夜間透析を行っており、赤羽駅を最寄りとする「望星赤羽クリニック」を紹介します。(2023年7月20日調査時点)

望星赤羽クリニック公式HPキャプチャ

引用元:望星赤羽クリニック公式HP
(https://showakai.or.jp/facility/bosei-akabane/)

望星赤羽クリニックの
おすすめポイント

月・水・金は22:30まで、火・木・土は21:30まで夜間透析を行っている望星赤羽クリニック。メディカルソーシャルワーカーと呼ばれる、患者さんの不安に寄り添うスタッフが在籍。透析に関する精神的・経済的な不安を、気軽に相談できます。ベッドは69床(2023年7月20日調査時点)用意しており、可能な限り多くの人に対応できるよう環境が整えられています。

望星赤羽クリニックの対応と特徴

夜間透析対応丸 長時間
透析対応

HP記載なし
合併症対応※
HP記載なし
在宅透析対応
HP記載なし

※シャント超音波検査又はエコー検査を実施しているクリニック

  • Googleの口コミ評価★2.0(2件)※2024年1月7日調査時点
  • 曜日によって、~21:30、~22:30まで透析可能
  • 透析ベッドは全69床を用意
  • 透析を専門とするメディカルソーシャルワーカーが在籍

公式HPでもっと詳しく見る

望星赤羽クリニックの医院情報

所在地 東京都北区赤羽2丁目11番3号 砂田ビル1~4F
アクセス JR京浜東北線「赤羽駅」より徒歩6分
透析時間 (月・水・金)9:00~14:30、16:00~22:30
(火・木・土)9:00~14:30、14:30~21:30
休診日 日曜
電話番号 03-3902-0255
  • エリアで選ぶ
  • 池袋
  • 池袋駅周辺で夜間透析があり、駅から近いクリニックは?

新線池袋クリニック

Googleで「人工透析 東京」と検索した際に出てきた、156院の人工透析クリニックを調査。その中で夜間透析を行っており、池袋駅から徒歩1分の距離にある「新線池袋クリニック」を紹介します。(2023年7月20日調査時点)

新線池袋クリニック公式HPキャプチャ

引用元:新線池袋クリニック公式HP
(https://showakai.or.jp/facility/shinsen-ikebukuro/)

新線池袋クリニックの
おすすめポイント

夜間透析の最終受付は18:00まで、透析自体は22:30まで対応しており、土曜日も診療に対応。I-HDF(間歇補充型血液濾過透析)と呼ばれる、従来の透析システムよりも、毒素の除去効率が良いとされている機械が導入されています。無料のWi-Fiサービスも用意されているため、透析中も自由にインターネットを使うことが可能です。

新線池袋クリニックの対応と特徴

夜間透析対応丸 長時間
透析対応

HP記載なし
合併症対応※
HP記載なし
在宅透析対応
HP記載なし

※シャント超音波検査又はエコー検査を実施しているクリニック

  • Googleの口コミ評価★4.7(3件)※2024年1月7日調査時点
  • 夜間透析は22:30まで可能
  • I-HDF(間歇補充型血液透析濾過)を導入
  • 無料のWi-Fiサービスを用意
  • 池袋駅南口から徒歩1分

公式HPでもっと詳しく見る

新線池袋クリニックの医院情報

所在地 東京都豊島区西池袋1-10-10 東武アネックスビル4F
アクセス JR山手線「池袋駅」より徒歩1分
診療時間 (月~土)9:00~、13:30~、15:30~
休診日 日曜
電話番号 03-5911-1250

東京都内の人工透析クリニック一覧

人工透析を受ける場合、クリニックとも長い付き合いになるケースが多いです。そのため、クリニック選びは慎重に行わなければなりません。

現在、東京都内には、人工透析ができるクリニックが多数あり、夜間対応やオーバーナイト透析などの取り組みが行われています。クリニックごとの特色をチェックして、自分のライフスタイルや症状に合ったクリニックを選んでいきましょう。
ここでは、東京都内にあるいくつかの人工透析クリニックをご紹介します。

江戸川橋鈴木クリニック

一般社団法人日本腎臓学会 腎臓専門医・指導医によるオンラインHDFが受けられるクリニック。アセテートフリー透析など、人工透析患者の負担軽減に注力しています。

オンラインHDFは、腎臓により近い透析法です。長期間の透析による長期合併症の予防や、透析開始時の尿量維持にも適切です。

また、透析中にかかる心臓への負担が軽いというメリットもあります。夜間の人工透析にも対応しており、透析条件を前日までにFAXすれば予約を入れることが可能です。

住所/東京都新宿区山吹町348 DSDビル4F
電話番号/03-5229-7717

江戸川橋鈴木クリニックについてもっと詳しく>>

渋谷笹塚HDクリニック

患者本位の柔軟な体制を整えているクリニック。夜間透析や長時間透析にも対応していて、評判を聞きつけ関東近県からの来院も多数。

経験豊富なスタッフが揃っていることも魅力のひとつ。毎回同じスタッフが対応するので、患者さん一人ひとりの状況をしっかり把握してくれます。

そのほか、在宅透析にも対応していたり長時間透析による循環器合併症の治療も行っていたりと、充実したサポート体制が整っています。

住所/東京都渋谷区笹塚1-30-3 ビラージュ笹塚Ⅲ 4F
電話番号/0120-051-137

渋谷笹塚HDクリニックについてもっと詳しく>>

新宿石川クリニック

各専門職の連携により患者の透析診療を総合的にサポート。合併症の治療にも他病院との連携で積極的に治療しています。

また、新宿駅から徒歩1分という非常に近い場所にあり、交通のアクセスが良いのも魅力。開院30年の確かな実績があるので、信頼性も高いです。いろいろな分野の専門家が在籍していることも特徴で、透析治療・腎臓内科・糖尿病内科・眼科・内分泌科・循環器内科・泌尿器科などと幅広く揃っています。

そのほか、各種検査を定期的に行って悪性腫瘍の早期発見に努めたり、医療相談室を設置して患者やその家族が相談しやすい環境を作ったりといった点も評判を集めています。

住所/東京都新宿区西新宿1-7-1 松岡セントラルビル6・7F
電話番号/03-3340-1751

新宿石川クリニックについてもっと詳しく>>

新宿西口腎クリニック

チーム医療体制で人工透析を実施しています。

院長は、一般社団法人日本透析医学会 透析専門医の資格と、一般社団法人日本内科学会 認定内科医の資格を保有。これまでの知見を活かして、患者一人ひとりをしっかりサポートしてくれます。

特に透析治療に携わる看護師や臨床工学技士は、独自の研修教育を受けているため、高い透析業務手技を身に付けています。また、24時間365日休まず患者からの電話相談や栄養相談を受付ているのも特徴です。そのほかにも、医療ソーシャルワーカーによる生活相談や無料送迎サービスなど、さまざまな取り組みが実施されているクリニックです。

住所/東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー7F
電話番号/03-5320-8611

新宿西口腎クリニックについてもっと詳しく>>

代々木ステーションクリニック

代々木駅の真上にあるため、アクセス良好。QOL(生活の質)を向上させるべく、最善の医療の提供を目指しています。

都内で交通のアクセスがいいということもあってか、透析をはじめて間もない患者さんから高齢の患者さんまで幅広い方が通院しているのも特徴。腎不全治療による合併症対策にも力を入れており、大学病院や総合病院と連携して患者が適切な治療を受けられるような環境が整えられています。

そのほか、管理栄養士による食事・栄養指導なども実施しており、生活習慣からきちんと改善できるという点も評判を集めています。

住所/東京都渋谷区代々木1-35-4 代々木クリスタルビル4F
電話番号/03-5358-8806

代々木ステーションクリニックについてもっと詳しく>>

渋谷新南口クリニック

院長は一般社団法人日本泌尿器科学会の泌尿器科専門医及び指導医の資格を保有しています。

人工透析は早朝7時30分から夜の21時30分まで行っているため、患者の希望にあわせて都合のいい時間に来院できるようになっています。入室時間や透析日の変更も柔軟に対応してくれるので便利。

また、血液透析のほかにも、泌尿器科や女性泌尿器科、ED治療、性病科、内科、にんにく点滴注射など様々な治療を行っているのも特徴。院長は、米国泌尿器科学会(AUA)や国際泌尿器科学会(SIU)にも所属しています。

住所/東京都渋谷区渋谷3-28-8 第三久我屋ビル2F
電話番号/03-3406-6301

渋谷新南口クリニックについてもっと詳しく>>

大井町駅前クリニック

1979年に開院して以来、40年以上続いてきた歴史のある地域密着型のクリニックです。

腎不全の治療を主に行っていますが、循環器内科のほかにも外科や消化器科、小児科、放射線科など多数の診療科目が揃っています。それぞれの科に医師が在籍しており、治療に当たってくれるのが魅力です。

また、専門性の高い医療機器と情報システムが導入されているため、高い医療技術を体感できるでしょう。長い歴史を持つクリニックでありながら、院内は設備をリノベーションし、患者が快適に過ごせる環境が整っています。

住所/東京都品川区大井1-49-15 YK-17ビル7階(旧アクセス大井町ビル)
電話番号/03-3776-9611

大井町駅前クリニックについてもっと詳しく>>

品川ガーデンクリニック

夜間透析や長時間・高効率透析にも対応。通院困難者には無料送迎サービスも有り。

透析治療では、「通院血液透析」、「在宅血液透析」、「腹膜透析」の3つの透析を実施。全ての治療において24時間365日対応できるよう体制が整えられているため、万が一のときでも頼りになるでしょう。

また、遠隔操作が可能な電子カルテを用いて患者の情報が管理されているため、緊急往診や連繋医療機関への紹介も可能となっています。「腎不全医療・透析医療」、「リハビリテーション」、「一般在宅医療」、「一般外科(内科・泌尿器科)」の4つの部門で地域の評判を集めるクリニックです。

住所/東京都品川区大崎1-20-3 イマス大崎ビル2F
電話番号/03-3779-4970

品川ガーデンクリニックについてもっと詳しく>>

新橋内科クリニック

医師、看護師、臨床工学技士、薬剤師、管理栄養士、ソーシャルワーカーが一体となってチーム体制で透析をサポート。

定期的に新しい透析装置が導入されており、合併症の予防・改善に努めています。通常の人工透析のほか、夜間透析や臨時透析なども行っているため、予約時間の都合がつけやすいのも評判です。

また、水道水に含まれる不純物や感染性物質を排除し、徹底した水質管理が行われているのも特徴。患者がより良い環境で治療を受けられるようにさまざまな配慮がされています。

住所/東京都港区新橋2-21-1新橋駅前ビル2号館 8F
電話番号/03-6253-8701

新橋内科クリニックについてもっと詳しく>>

東京新橋透析クリニック

人工透析に快適性+便利さを提供しています。

8路線が開通している新橋駅から徒歩2分の距離にあるので、交通の利便性が高いことが大きな評判のクリニック。週に複数回通院しなければならない人工透析も、ストレスなく受けることができるでしょう。

また、夜間透析に対応しているのも魅力のひとつ。19時までに受付をすれば23時まで透析を受けることが可能です。合併症を発症した場合に備えて、各医療機関との連携も即座に行ってくれます。

住所/東京都港区東新橋一丁目1番21号 今朝ビル7F
電話番号/03-6274-6320

東京新橋透析クリニックについてもっと詳しく>>

上野透析クリニック

送迎サービスがあるため、高齢者でも透析治療で通いやすいクリニック。

実施されている透析治療は、血液透析と血液透析濾過(ろか)の2種類。週4回透析や長時間透析にも対応しているのが特徴です。

また、透析液の管理も徹底して行われているので、常に綺麗な透析用水を提供。このように治療や設備が充実していることはもちろん、スタッフの対応が良いことも評判を集める理由に挙げられます。高齢者や体の不自由な患者の透析も積極的に行っており、介護に関する取り組みも盛んに実施されています。

住所/東京都台東区上野2-12-20 NDKロータスビル3F
電話番号/03-5817-8770

上野透析クリニックについてもっと詳しく>>

東京ネクスト内科・透析クリニック

患者のライフスタイルにあわせた透析方法が選択可能です。

それによって、長時間透析や在宅透析、オーバーナイト透析などのさまざま治療を受けることができます。基本的にオンラインHDF透析とオフラインHDF透析を主体として治療が行われていますが、血液透析と併用可能な腹膜透析も実施しています。

また、定期的に心臓や頚動脈、下肢血管などの超音波検査を行っているため、合併症対策もきちんとしています。中国語での対応も可能なので、在日外国人の方も利用可能です。

住所/東京都荒川区西日暮里2-22-1 ステーションタワープラザー2F
電話番号/03-5615-1566

東京ネクスト内科・透析クリニックについてもっと詳しく>>

両国東口クリニック

腎センターで透析治療が行なえます。

その大きな特徴は、治療にITがフル活用されていること。全自動コンソールによって、ヒューマンエラーによるミスを低減したり、電子カルテや透析中央管理システムで患者の情報集積を効率良く行ったり、いろんな場面に活用されています。

治療に関しては、人工透析のほかにも痛風や慢性腎臓(CKD)、糖尿病、関節リウマチなどの外来治療、インターネット医療、メディカルフィットネスの4つの分野で診療が行われています。

住所/東京都墨田区両国3-21-1 グレイスビル両国8F
電話番号/03-5638-6073

両国東口クリニックについてもっと詳しく>>

田端駅前クリニック

23:30までOK。東京北区で夜間透析を受けたい方のサポートに努めてくれるでしょう。

他の透析クリニックと比べて開院時間が長いため、会社帰りにも気兼ねなく立ち寄れると評判。また、腎臓・循環器・漢方・泌尿器科・内科の各医師が在籍しており、チーム体制で透析治療に当たってくれるのも特徴です。

これにより、心血管系の合併症を患うことの多い透析患者のフォローもしっかり行ってくれます。そのほか、地震警報装置がある透析チェアも導入しているクリニック。透析治療を実施するうえで、充実した設備が整っています。

住所/東京都北区田端1-21-8 NSKビル4F
電話番号/03-3823-9060

田端駅前クリニックについてもっと詳しく>>

池袋久野クリニック

「良い透析とはなにか」を常に考えているクリニックです。医師が患者の病状を総合的に判断したうえで、治療時間や週ごとの透析回数、透析液の組成、水パターン設定、血液浄化のモダリティーなどを決定。患者ごとに合わせた診療体制が評判を集めているクリニックです。

また、水処理装置から患者の血液に触れるダイアライザの透析液入り口に至るまで、全て新しいテクノロジーを採用しているのも魅力。血液透析のほかにも、腹膜透析と血液透析を併用したハイブリッド透析にも対応しています。

住所/東京都豊島区南池袋2-26-5 アイアンドイー池袋ビル9F
電話番号/03-5949-6119

池袋久野クリニックについてもっと詳しく>>

下北沢駅前クリニック

人工透析で起こりやすいシャントトラブル。こちらに対応しているのが、東京にある下北沢駅前クリニックです。目指しているのは、「心のかよう医療」。透析は映画館のようなスタイルのシアター型配置で行われるため、患者のプライベートが守られているところに特徴があります。また、自宅からクリニック間を無料で送迎してくれるというサービスがあるのも魅力。運転適性検査や接遇研修を受けたスタッフが運転をしてくれますので、治療前後に気分を害するといった心配もありません。

住所/東京都世田谷区北沢二丁目4番5号 mosia 3階
電話番号/03-5433-3090

下北沢駅前クリニックについてもっと詳しく>>

東葛クリニック小岩

開設以来44年の歴史を持つ東葛クリニック小岩は、透析医療専門のクリニックです。血液透析とオンラインHDF(血液透析濾過)を得意とし、専門的な透析治療を行います。血液透析は、体内の余分な水分や老廃物を体外に排出できない人のため、人工腎臓を用いて血液中に溜まった老廃物や余分な水分をきれいにする治療です。また、オンラインHDFは同様に透析治療を行うと同時に、透析に伴う骨・関節痛やレストレスレッグ症候群、イライラ感や不眠などの症状の改善も行っていきます。交通の利便性も高く、また夜間治療も実施しているため、通いやすい点がポイントです。

住所/東京都江戸川区南小岩7-28-11 ファーストセントラルビル 3階
電話番号/03-3672-9121

東葛クリニック小岩についてもっと詳しく>>

笹塚・代田橋透析クリニック

笹塚・代田橋透析クリニックでは、オンラインHDFを採用し、超純粋透析液を使った治療を行なっている点が特徴です。透析アミロイド症予防、透析中の血圧安定などの幅広い効果が期待できます。加えて、すべての透析台で高ナトリウム透析が可能となっているほか、血液量モニター機能や再循環測定装置がつくなど、高品質の治療を受けることができます。

患者ひとりひとりに優しく真摯に向き合うことをモットーに、最良の医療の提供を心がけています。また、自宅からクリニックまで無料送迎が出ているため、高齢の方や車椅子の方も楽に通院することができます。院内には長時間の診療に備え、無料のテレビが配置されており、快適に過ごすことができます。

住所/東京都渋谷区笹塚1-64-8 笹塚サウスビル2F
電話番号/03-5304-1131

笹塚・代田橋透析クリニックについてもっと詳しく>>

ひらくクリニック

ひらくクリニックには「腎臓」「糖尿病」「透析」を行う医師が在籍しています。さまざまな資格と知識を持った医師が連携して治療を行うため、アドバイスを受けながら治療が受けられます。また、治療に関する患者さんの不安を解消するため、心のケアにも力を入れており、スタッフが一体となり患者さんの治療とケアに取り組んでいます。

治療は血液透析と腹膜透析どちらにも対応しています。通院が必要な血液透析に対して、腹膜透析なら在宅での治療が可能。毎日通うことが難しい方や忙しい方も治療を受けやすく、生活に合わせた治療が受けられるのが魅力です。透析が必要な方のために無料の送迎バスサービスも提供しています。

住所/東京都世田谷区上祖師谷5-18-9
電話番号/03-3308-0900

ひらくクリニックについてもっと詳しく>>

つばさクリニック

つばさクリニックは、一度で効率よく大量の透析を行うことができる「オンラインHDF」を導入しているクリニックです。まだ普及率の高くないオンラインHDFを、クリニックの全ベッドに導入しています。透析の時間を有意義に過ごせるよう、透析中に食事指導のビデオを流すなどの工夫をしています。透析療法合同専門委員会の認定を受けている透析技術認定士や、一般社団法人日本糖尿病療養指導士認定機構による日本糖尿病療養指導士(CDEJ)といった、透析にかかわる資格を持つスタッフが在籍しています。患者さんのライフスタイルに合わせて、ひとりひとりに適切な提案をしてくれると評判です。

定期的にフットケアを導入しており、足への負担を軽減。腫瘍や壊疽のチェックを行い、足を病気から守ります。透析に伴うケアも同時に行ってくれるクリニックです。

住所/東京都墨田区両国3-21-1 グレイスビル両国 4F
電話番号/03-5625-0283

つばさクリニックについてもっと詳しく>>

桜新町クリニック

桜新町クリニックは、東京都世田谷区にある人工透析を専門とする医院です。1990年に医院を始めて30年以上にわたり人口透析の治療を行ってきました。

16床の透析ベットを保有(2023年4月時点)しており、患者が快適に透析治療を受けられるように、スタッフ一同取り組んでいます。

住所/東京都世田谷区桜新町1-7-6
電話番号/03-5706-4321

桜新町クリニックについてもっと詳しく>>

柴垣医院

東京都品川区にある柴垣医院は、人工透析治療を専門にしています。医師・熟練スタッフが透析治療に携わり、患者が快適に透析生活を送ることを支援しています。

透析業務支援のIT化、地域基幹病院との連携により患者の透析治療をサポートするシステムにも力を入れています。

住所/東京都目黒区自由が丘1-13-4 シャイン自由が丘ビル2F(自由が丘本院)
電話番号/人工透析03-3724-0066/在宅医療03-3724-2626(自由が丘本院)

柴垣医院についてもっと詳しく>>

新中野透析クリニック

新中野透析クリニックでは、検査データや症状、ライフスタイルを分析し、ひとりひとりに合った透析治療と食事指導を行うことによって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を目指しています。

透析患者の方を対象にアミロイド沈着による関節症や血行不良など、透析治療にともなって生じる症状のケアを行っています。

住所 東京都中野区本町3-23-3 新中野AM1ビル1階
電話番号/03-3370-8111

新中野透析クリニックについてもっと詳しく>>

わかやま透析クリニック中野南台

わかやま透析クリニック中野南台では、エコーガイド下穿刺用に携帯型超音波診断装置「iViz air」を導入。これにより、難しい血管への穿刺も可能になりました。

透析治療は長い時間を要するもの。そのため、わかやま透析クリニック中野南台では、治療中も快適に過ごせるよう、風のない空調・テレビ・無料wifiなどを完備しています。

住所 東京都中野区南台3-6-17 クリスタルコート88 イマス中野南台3F
電話番号/03-6304-8511

わかやま透析クリニック中野南台についてもっと詳しく>>

下落合クリニック

東京都新宿区下落合にある「下落合クリニック」は、腎内科・人工透析内科を専門とする地域の医療を支えています。透析治療では、オンライン血液透析濾過(HDF)を中心に行い、従来のHDFと比較して多量置換が可能で、β2ミクログロブリンの除去が期待できます。3階建ての施設で同時透析の収容能力は49名で、最大収容能力は196名となっています(2023年4月時点で確認できた情報)。このように、「下落合クリニック」は、地域の人工透析治療を担う医院といえるでしょう。

住所 東京都新宿区下落合2-1-6
電話番号/03-3953-1711

下落合クリニックについてもっと詳しく>>

南青山内科クリニック

東京都港区南青山にある「南青山内科クリニック」は、人工透析を専門とする医院です。人工透析は、①全て外来での対応が可能で、②在宅血液透析にも対応、③血液透析と腹膜透析の併用が可能、④腹膜透析は全てのシステムに対応が可能、⑤土日・夜間の診療が可能といった特徴があります。このように、「南青山内科クリニック」は、地域の人工透析治療のニーズをみたす治療を提供しているといえるでしょう。

住所 東京都港区南青山7-8-8-101
電話番号/03-6805-1836

南青山内科クリニックについてもっと詳しく>>

羽田腎クリニック

羽田空港から約10分、品川駅から約15分と非常にアクセスが良く、旅行や出張の前後にも利用できるうえ、17~22時の夜間透析にも対応している羽田腎クリニック。また痒みや不眠、貧血、炎症など透析に伴う副作用を軽減・改善することのできるオンラインHDFを採用し、厳重な透析液水質管理を徹底したうえで透析治療を提供しています。

住所 東京都大田区東糀谷1-20-20
電話番号/03-3741-0774

羽田腎クリニックについてもっと詳しく>>

東京綾瀬腎クリニック

できるだけ患者さんが快適に透析を続けられるようにと、明るく開放的な透析室や無料送迎、全床液晶テレビ完備などさまざまな面で心を砕いている、東京綾瀬腎クリニック。また三菱製のRO装置やニプロ製の透析監視装置、感染防御シェルターなどのシステムを揃え、厳格な透析液の液質管理や院内感染の防止も徹底して行っています。

住所 東京都葛飾区小菅4-8-2 ハイネスアヤセII 2F
電話番号/03-5680-6888

東京綾瀬腎クリニックについてもっと詳しく>>

武蔵野総合クリニック

東京都練馬区にある「武蔵野総合クリニック」は、都営大江戸線、西武池袋線、西武有楽町線などが乗り入れる「練馬駅」より徒歩2分のところにあるクリニック。駅から近く、各線が乗り入れるため、アクセスしやすいでしょう。人工透析では、厳重な水質管理のもと、より多くのろ過を加えたオンラインHDFをおこなっています。また、動脈硬化症などへの早期対処にも努めています。

住所/東京都練馬区練馬1-26-1 中道ビル
電話番号/外来03-3993-7015/透析室03-3993-7070

武蔵野総合クリニックについてもっと詳しく>>

東京ネフロクリニック

東京ネフロクリニックは、腎臓・泌尿器疾患の総合診療クリニックです。JR山手線・東京メトロ南北線が交差する「駒込駅」より徒歩2分の好立地にあります。人工透析治療として、血液透析(HD)と、腹膜透析((PD) の2種類を提供しており、患者さんの希望や健康状態に合わせた治療を提案。定期的な血液検査、レントゲン検査、心電図検査、フットケアーなどをおこない、人工透析にかかるリスク回避にも注力しています。

住所/東京都豊島区駒込3-3-19 ORCHID PLACE 7F・8F
電話番号/03-3949-5801

東京ネフロクリニックについてもっと詳しく>>

みたかの森クリニック

オンラインHDFを受けることができるみたかの森クリニックでは、一人ひとりの患者さんにあった透析を提案しています。体の負担を軽減する透析膜や透析時間の選択から、食事の管理や内科管理も丁寧に対応してくれます。院内はリラックスできるアットホームな環境が特徴。送迎サービスを無料で実施しており、希望すればサービスを受けることが可能です。

住所/東京都武蔵野市中町1-4-4スクウェア三鷹ビル2F
電話番号/0422-60-3433

みたかの森クリニックについてもっと詳しく>>

山王メディカルセンター

山王メディカルセンターでは、人工透析センターとして、他の部門から独立した場所で治療が受られるフロアを用意しています。透析ベッドは25床用意されており、一般的なベッドよりも横幅が広いものを導入(2023年4月時点の情報)。透析ベッドには個人用テレビが完備されており、希望の方は個室の利用も可能です。関連施設の山王病院や国際医療福祉大学三田病院と連携を図っており、合併症への対応も迅速にできます。

住所/東京都港区赤坂 8-5-35
電話番号/03-3402-5581

山王メディカルセンターについてもっと詳しく>>

つつじヶ丘神代クリニック

京王線「つつじヶ丘」南口から徒歩5分と近く、無料送迎サービスもおこなっているつつじヶ丘神代クリニック。透析室には数多くのベッドが用意されており、それぞれの透析療法で治療が可能。各ベッドには無料で見られる、スイングアーム式の液晶テレビが配置されており、自由な態勢・リラックスした雰囲気の中で治療を受けられます。

住所/東京都調布市西つつじケ丘4-15-5
電話番号/042-443-2247

つつじヶ丘神代クリニックについてもっと詳しく>>

昭島腎クリニック

カテーテル室や手術室が備わり、急なシャントトラブルにもスピーディに対処できる治療環境が整う昭島腎クリニック。窓からの光がたっぷり差し込む明るい印象の院内は、空間が広くとられており、患者さんの動線にもきちんと配慮がなされています。通院が困難な方のために、自宅までの個別通院支援サービス(※)も無料で行なっています。(※送迎地域に関してはクリニックに直接お問合わせください)

住所/東京都昭島市松原町4丁目7-3
電話番号/042-546-8581

昭島腎クリニックについてもっと詳しく>>

四ツ谷腎クリニック

一般社団法人日本透析医学会 透析専門医・指導医の資格を持つ院長を中心に、患者さんのニーズや症状に合わせた治療を行っているクリニックです。ハイブリッド対応・オンラインHDF・夜間透析・運動療法・栄養相談・無料送迎などのサービスが受けられ、患者さんの電話相談は24時間365日可能です。トラブル発生時には提携している2つの病院で治療が受けられるため、スピーディかつ的確な医療体制を整えています。

住所/東京都新宿区四谷1-13 虎ノ門実業会館四谷ビル3階
電話番号/03-3357-6877

四ツ谷腎クリニックについてもっと詳しく>>

南大井クリニック

南大井クリニックは、人工透析を中心に診療を行っているクリニックです。不純物をよりしっかり取り除くことができるオンラインHDFに対応しているほか、患者の異変を早期発見できるように、フットケアや充実した検査設備を整えています。最寄り駅から徒歩ですぐというアクセスのよさも魅力です。自分で通院できない患者には、無料の送迎車を提供しているので、自力での歩行が難しい患者も通いやすいほか、介助者がいる場合は車で通院し、無料の駐車場を利用できます。

住所/東京都品川区南大井3-31-5
電話番号/03-3768-1858

南大井クリニックについてもっと詳しく>>

敬友クリニック高輪

敬友クリニック高輪は、患者に寄り添った診療を提供できるスタッフの育成に尽力し、よりよい治療を提供することを心がけています。また、随時医療設備をアップデートしている点も特徴です。透析液はウルトラピュアウォーターを採用、そのほかにもオンラインHDFなど症例に応じた透析方法を提供することで、合併症予防に力を入れています。また自宅までの無料送迎サービスを実施しており、送迎エリアは品川区・港区のほぼ全域と、目黒区・渋谷区・世田谷・大田区の一部です。

住所/東京都港区高輪2-14-17 グレイス高輪ビル1F
電話番号/03-3442-5161

敬友クリニック高輪についてもっと詳しく>>

東京在住の糖尿病の人必見!医療費助成を利用して治療

糖尿病が原因で腎不全になってしまうと、人工透析を行う必要があります。この人工透析で行う血液透析という治療法を行うために、週に何度か通院しないといけません。

そのため、人工透析にかかる1ヵ月の医療費は、血液透析で約40万円必要です。腹膜透析でも、30~50万円程必要といわれているので、毎月の医療費はかなり高額になります。

東京では、人工透析を行う患者さんの負担を減らすために、医療費助成を取り入れています。様々な医療費助成があるので、少しでも負担を減らすためにも、助成するために必要なことを把握しておきましょう。

健康保険の特定疾病療養受療証を取得

健康保険には、高額療養費制度というものがあります。これは、医療費によって家計の負担が重くならないようにするために、医療機関の窓口で支払う医療費を、月額1万円にすることが可能です。

年齢や年間の所得額によっては、月額2万円になることがありますが、それでも大幅に負担を軽減できるのでお得です。高額医療費制度を利用するために、加入している健康保険から「特定疾病療養受療証」を取得することが重要です。

特定疾病療養受療証を取得する流れ

特定疾病療養受療証を取得するためには、次の流れで行います。

1.加入している健康保険の窓口で申請書類を請求
2.送られてきた申請書を医師に記載・捺印してもらう
3.申請書と医師の確認書類と一緒に提出

このような流れで特定疾病療養受療証を取得することが可能です。

東京の難病医療費助成制度を利用

人工透析の負担を軽減する医療費助成は、地方自治体からも利用することができます。上記で紹介した特定疾病療養受療証と、東京の医療費制度を利用することで、さらに負担を軽減できるので、どちらも一緒に申請することをおすすめします。

東京で医療費助成を申請すると、東京都から「マル都医療券」が交付されます。このマル都医療券を、病院の窓口で提示することで、月額1万円まで負担してもらえるのです。ということは、特定疾病療養受療証で毎月の自己負担額を1万円にすることで、マル都医療券で1万円負担してもらえば、自己負担額を0円になります。

マル都医療券の申請に必要な書類

マル都医療券の申請する際は、診断書は必要ありません。用意するのは以下の書類です。

  • 難病医療費助成申請書兼同意書
  • 住民票(外国人は外国人登録原票記載事項証明書)
  • 健康保険証の写し
  • 特定疾病療養受療証の写し

上記以外に、高齢受給者証を持っている人は、その写しも用意してください。

難病医療費助成申請書兼同意書は、住んでいる区の役所の窓口でもらえるので、記入の仕方や分からないことがあれば窓口で相談するべきです。特定疾病療養受療証は必ず必要になるので、先に健康保険の会社で手続きを行うようにしてください。

人工透析を行うとなると、毎月の医療費が大きくなるので、医療費助成を利用しましょう。働いている人ならば、健康保険に加入しているはずですから、特定疾病療養受療証を取得することができます。

また、東京在住の人ならばマル都医療券も利用できるので、負担を気にすることなく治療を行えるでしょう。

障害者手帳を利用して医療費を免除

身体障害者の認定を受ける事で発行されるのが障害者手帳です。体に負担を抱えて居たり、事故などで人体の一部を失っている方には障害者と認定を受ける事ができ、体の状態に応じて認定を受ける事ができます。

障害者の認定を受けると医療費の一部が減額または免除され、医療費の負担が小さくなります。透析医療は非常に自己負担額の大きな治療なので、適切な治療を受ける事ができるように、障害者医療費の助成制度を有効活用しましょう。

障害者手帳を取得する条件

障害者手帳を取得するためにはいくつかの手続きが必要になります。まず、最初に注意して起きたいのが都道府県によって障害認定の基準が異なるという点です。障害者手帳は申請をすれば誰でも取得できるというものではなく、まずご自身の障害が手帳交付の条件を満たしているのかどうかを理解しておく必要があります。

障害の認定には1級から6級の等級があり、これによって受けられるサービスが異なってきます。この等級は厚生労働省の等級表を見ると調べる事ができるので、しっかりと確かめておきましょう。

この障害の認定を考えるときに重要なのが、障害が永続しない場合には障害と認定されない事があるという点です。身体障害者手帳は一度の発行を受けた後に更新されることはなく、生涯にわたって利用が可能です。

ただし医療技術の進歩によって障害の改善が見られる場合には再認定で等級が変わるケースもあるので、注意して起きましょう。

身体障害1級取得の条件

身体障害者手帳の申請にはまず、交付申請書・身体障害者診断書・意見書・印鑑・マイナンバーカードが必要になります。障害福祉関連の担当窓口に出向くことで必要な用紙が手に入るので、必要な場合にはお近くの役所で相談して見ましょう。

身体障害者1級取得の条件はどの部分が障害されているのかによって異なっているのですが、腎疾患の場合には「じん臓の機能の障害により自己の身辺の日常生活活動が極度に制限されるもの」と定義されています。

一般的に人工透析を受けている方は全てのこの条件を満たす事ができるので、障害者の認定を受けたいとお考えの場合には医師に相談し、役所で手続きをする事で認定を受ける事ができるのです。

障害者手帳を使うと透析医療が無料に!

障害者手帳を利用することでいくつものメリットを受ける事ができます。例えば人工透析を利用されている方は身体障害者の認定を受け、医療費助成を受ける事ができます。そして1級の認定を受けると医療費を全額免除してもらえます。人工透析は週に3回。

一度に4時間も人工透析を受ける必要があるので、どうしても日常生活に負担がかかる事があり、人工透析のために収入が減ってしまう事もあり得るので、治療の経済的な負担が小さくなるのは非常に嬉しいものです。

また、障害者手帳を取得することで所得税の減額も受ける事ができるので、生活の負担を減らすためにもしっかりと利用しておきましょう。

交通機関やテーマパークの割引も受けられる

新幹線の利用をするときにも障害者手帳が役立つ事があります。身体障害者の方は通常の料金よりも安い料金で新幹線を利用できるように割引制度があり、この制度を利用する事で比較的割安で新幹線の利用ができます。テーマパークの中には障害者の方へのサービスとしてテーマパークの入場料を減額するサービスを行っている場所もあります。

市区町村によっては様々な補助金などのサービスを行っている自治体もあり、どのようなサービスがあるのかを市役所や病院で確認してみると役立ちます。

障害者手帳を利用する事で医療だけでなく様々なサービスを利用できるので、体の調子が悪い事で得た負担をしっかりと解消しながら生活を送障害者手帳を利用する事で医療だけでなく様々なサービスを利用できるので、体の調子が悪い事で得た負担をしっかりと解消しながら生活を送るようにしましょう。