腎臓病と生活習慣

当記事では、腎臓の働きや腎臓病と生活習慣の関連性についてまとめるとともに、血液透析時の体重管理など詳しく説明しています。人工透析について情報を集めいている方やこれから透析治療を始める方は、ぜひ参考にしてください。

腎臓の働きと腎臓病

腎臓の役割

腎臓は以下のような役割を担っています。

  • 老廃物の排泄に関与
  • 血圧や水分を調節
  • 酸やアルカリ、カリウムをコントロール
  • 血液をつくる
  • 体内のミネラルを調整

老廃物の排泄

腎臓は人体に不要な老廃物を排泄する役割がありますが、働きが悪くなってしまうと尿が出なくなり、身体にため込みやすくなります。すると、尿毒症を発症するリスクが高まってしまうのです。

血圧調整にかかわりのあるホルモンを分泌

腎臓は、体液の量と血圧を調整する役割を持ちます。腎臓が働かなくなってしまうと、体液の調節がうまくいかず、むくみにつながる可能性があります。

また、血圧にかかわりのあるレニンと呼ばれるホルモンを分泌する役割も担っています。

酸やアルカリ、カリウムをコントロール

腎臓には、身体のpH(酸性・アルカリ性)をコントロールする役割があります。腎臓の働きがうまくいかなくなると、血液が酸性に傾き、不調をきたしたり、カリウム値が高くなったりします。カリウム値の調整が難しくなると、不整脈を起こす可能性が高めるため注意が必要です。

余分なカリウムの排泄にも腎臓が関与しているため、腎臓病になると食事療法や薬物療法が必要になります。

血液の生成にも関与

腎臓は血液をつくる役割も担っています。赤血球の生成を促すエリスロポエチンと呼ばれるホルモンがありますが、腎臓のはたらきが低下してしまうと、このホルモンの分泌が減り、貧血になりやすくなるため注意が必要です。

骨の生成にも関与

骨の発育にはさまざまな臓器が関わっています。その中でも腎臓は、体内にカルシウムを吸収させるために必要な活性型ビタミンDの生成に関わっています。

腎臓の働きが悪化してしまうと、活性型ビタミンDの低下が見られ、カルシウムが吸収されにくくなるのです。その状態になることで、骨がもろくなるなどの症状が見られるリスクもあります。また、本来なら骨になるべきカルシウムが血管についてしまうことによって動脈硬化も悪化してしまう可能性があります。

血液と腎臓

血液は、身体の細胞に栄養や酸素などを届けたり、不要なものを受け取ったりするなどの役割を持ちます。腎臓は老廃物や余分な塩分・水分などだけを選別し、体外に排泄する重要な役割を担っているのです。

腎臓は、血圧調整や血液をつくる働きを担うなど、人の体にとってなくてはならない臓器の1つでもあります。

尿が出来るまで

人の腎臓には、フィルターの役割をする「糸球体」と呼ばれるものがあります。腎臓に運搬された血液は糸球体でろ過されます。しかし、この中には身体にとって必要な成分が含有されていて、「尿細管」と呼ばれる部位を通る間に再度取り込まれ、血液に戻されるのです。

このような過程をたどることによって、身体にとって不要だと判断されたものだけが膀胱にたまって排泄されていきます。腎臓は血液をろ過して尿をつくったり、老廃物や不要物を体外へ排出したりする役割を担いますが、このような機能が何らかの原因で低下したものを腎臓病と呼んでいるのです。

eGFR値と腎機能の程度

血液検査の中に、eGFRと呼ばれる項目がありますが、これは腎機能をあらわす指標を言います。推算糸球体濾過量のことです。年齢や性別、血清クレアチニン値(もしくは血清シスタチンC値)を使って算出します。

血清クレアチニンは腎機能が悪化すると体に溜まる性質があり高くなりますが、eGFRは低くなるのが特徴です。筋肉量が少ない方の場合、腎機能が悪くなっていても、eGFRが高値を示すケースが多いです。運動習慣のある方で筋肉量が多いケースでは、血清クレアチニンは高値となります。血清クレアチニンが高い場合、計算上、eGFRが低値を示すことが多いとされています。

eGFRが低値を示し、慢性腎臓病の可能性がある場合、尿蛋白などの検査が必要です。

慢性腎臓病の原因

慢性腎臓病の原因には、糖尿病や慢性糸球体腎炎などがありますが、大きな要因として加齢も挙げられます。その他には、運動不足や喫煙、肥満、ストレスなどの生活習慣が原因となる高血圧症や高脂血症などのメタボリックシンドロームも発症に大きく関わっているのです。上記以外には、遺伝や薬剤によるものなども原因になるケースがあります。

食事制限と体重管理

ドライウェイトの設定

透析が終わったときの目標体重をドライウェイトとして設定します。

腎機能に問題が見られないときは、体重が増減すると「痩せたのか太ったのか」によって決まっていました。しかし、透析が行われるようになると、ドライウェイトを基本として水分や老廃物の除去を行うため「痩せた・太った」と判断できません。

そのため1ヶ月ごとに、むくみや血圧、心胸比(心臓と胸郭との比)などをもとにして適正なドライウェイトを決める必要があります。

例えば、ドライウェイトがきつくなると血圧が低下傾向になったり、透析後半の足がつり、耳鳴りなどの症状が出現したりするケースがあります。一方、食事の摂取量が減ると痩せるのが一般的ですが、ドライウェイトをそのままにしておくと、身体は痩せて、その分体液が過剰な状態になるのです。すると、血圧が上がり、むくみなどの症状が見られ心胸比が大きくなる傾向にあります。

体重管理

血液透析が始まると、尿量が減って、透析までの間に体重増加が見られるようになります。これは太ったわけではなく、水分摂取量と尿量の差に当てはまります。

この増えた体重分を4時間ほどの透析で除水しなければいけませんが、増えすぎてしまうと急激に血圧低下するなどの症状が現れ、透析自体が困難になってしまいます。

除水量は1回の透析で体重の3~5%以内にするのが理想だとされているので、体重65㎏なら1.95~3.25kgとなります。体重増加は水分摂取量に大きくかかわっていますが、水分だけを制限するのは苦痛を伴います。

人は喉の渇きを覚えると水分摂取をするため、なるべく乾きを起こさないようにすることが重要です。さまざまな要因で喉は乾きますが、一番は塩分を摂ったときが該当します。

体重増加は塩分摂取量によって決まるので、増加が多いときには塩分量を控えるようにしないと、なかなか除水量を減らせません。

食事制限

血液透析を始めたら、蛋白質は体重あたり1.2~1.4gと少し多めに摂る必要があります。塩分は1日6gほどにしてなるべく抑えることが重要です。

蛋白質の制限が緩やかになるので、食事中のリンをしっかりと制限する必要があります。血液透析を実施してもリンの除去は十分でないケースが多いため、食事でリン制限を行いながら、リン吸着薬などの服用を行っていきます。カリウムについては、透析実施前の血清カリウム値にもよりますが、多くならないようにすることが大切です。

摂取カロリーの算出方法

透析療法を受けている患者様の具体的な目標摂取カロリーは、標準体重(身長m×身長m×22)当たり30~35 kcal/日となっています。肥満や糖尿病などがある方の場合は、もう少し低めに設定されるケースが多いです。

注意が必要な食品

リンの含有量が意外と多い食品は以下の通りです。

主食 玄米・ライ麦パン
魚卵 いくら・たらこ
干物 しらす干し・さくらえび
嗜好品 チョコレート・ホットケーキ・ポテトチップス・シュークリーム・ポップコーン
飲料 アルコール・コーラなどの清涼飲料水・栄養ドリンクなど

カリウムが多く含まれる食品は以下の通りです。

フルーツ バナナ、なつみかん、メロン、ドライフルーツ
野菜 かぼちゃ、なす、にら、水菜白菜、セロリ、キャベツ、切干大根、かぶ
肉や魚 すべてに含有されている、特にお刺身は要注意
豆類・海藻 とろろ昆布、納豆、干しひじき
飲料 100%ジュース、牛乳など

医師や管理栄養士に相談しながら食事制限を

腎臓にはさまざまな機能が備わっており、絶え間なく働いています。血液透析を実施すると老廃物や余分な水分を除去できますが、腎臓に備わっているすべての機能はまかないきれません。身体に負担をかけないためにも、医師に決められた食事制限を守るなどの栄養管理が重要です。

しかし、極端な食事制限を行ったり自己流で食事をしたりすると状態が悪化する可能性もあるため、注意しなければなりません。食事制限について不明点があったりストレスを感じたりする場合は、クリニックや病院に在籍している管理栄養士に相談するのがおすすめです。栄養相談では、患者様の嗜好やライフスタイルに合わせたサポートをしてもらえます。

食事療法と治療法は、基礎疾患や症状、腎機能などによって異なります。主治医や管理栄養士に相談しながら、進めていくことが大切です。