南池袋診療所

血液透析(HD)やオンラインHDF、I-HDFなどの透析治療に対応している診療所

南池袋診療所は、JR池袋駅東口より徒歩5分とアクセスが良く、22時まで透析治療に対応しています。医療法人昇陽会に所属している医療機関の1つであり、その他に2つのクリニックが属しています。

この3つの医院から生活圏に合わせて通いやすい医院を選ぶことも可能です。何かと忙しい方でもライフスタイルに合わせながら治療を行いやすい環境にあると考えられます。

南池袋診療所は、血液透析を行う専門クリニックとして開所して25年以上になります。南池袋診療所によると、医学の進歩とともに透析医療もさらに発展をとげており、長期透析の患者様も増えていることから合併症の管理が重要だと言われています。

同診療所では、合併症やシャントトラブルなどに関し、グループ内での連携はもちろん、近隣の医療機関とも協力し合い患者様が適した医療を受けられるよう努めているのです。

そして、患者様が気がかりな点を何でも話せるようなアットホームなクリニックを目指していることも特徴に挙げられます。

透析診療の概要と特徴

南池袋診療所は、血液透析(HD)やオンラインHDF、I-HDF、β2−MG吸着(リクセル)など、さまざまな透析治療に対応している医療機関です。日本透析医学会と日本腎臓病学会の専門医の資格を有している医師が在籍し、診療にあたっています。

同診療所には22床の透析装置が設置されています。透析液清浄化の管理が行われており、超高純度のきれいな透析液を供給できるよう努めています。そして、患者様が落ち着いた気分で透析治療を受けられるよう、環境面においてもさまざま配慮している点も見逃せないポイントです。

また南池袋診療所では、毎月1回血液検査のデータをもとにして、管理栄養士による栄養指導と食事のアドバイスがベッドサイドにて行われています。

透析治療では日々の食事管理が重要な役割を持つため、適切に継続していくことが大切です。血液透析とうまく付き合っていくために重要なポイントについて説明してくれるため、気になることは管理栄養士に相談していくとよいでしょう。

南池袋診療所が所属している医療法人昇陽会では、患者様の状態に応じた医療の提供ができるよう、シャント用手術室をはじめ、レントゲン室や超音波診断機など、透析治療に必要な医療設備が整えられています。

自動解析心電計やホルター心電計、電解質測定器、血液ガス測定器、緊急除細動器などに医療機器も設置されています。感染症や合併症を早期発見するため、患者様の状態の変化の観察を細やかに行っているのです。

南池袋診療所の口コミ

インターネット上に、南池袋診療所の口コミ評判の記載は見当たりませんでした。

南池袋診療所の口コミの基本データ

                                                                       

住所 東京都豊島区南池袋3-14-11 中町ビル3F
アクセス JR池袋駅東口より徒歩5分(東京福祉大学向かい)
診療時間 9:00〜14:00/16:00〜22:00
休診日 日曜
公式HP https://ikebukuro.shoyohkai.or.jp/
電話番号 03-5950-4691

>>仕事帰りでも間に合う!エリアで選ぶ透析クリニック<<