HOME » <ニーズ別>東京のおすすめ透析病院・クリニック » 人工透析の合併症を防ぐオンラインHDFとは

人工透析の合併症を防ぐオンラインHDFとは

腎臓が機能しなくなった時に行なう人工透析は、ずっと付き合っていかなければならないものです。

健康な腎臓は老廃物や余分な水分を除き、電解質やPHの調整を行なっています。これらは人工透析で行なえることですが、健康な腎臓の働きにエリスロポエチンと活性型ビタミンDの生成という働きもあります。これらは人工透析では行えません。

さらに、人工透析は通常週3回3~5時間かけて行ないます。もちろん人間の健康な腎臓は24時間365日働きます。ですから残念ながら人工透析が腎臓と全く同じ働きをする訳ではありません。

そこで、人工透析の質を高めるオンラインHDFというものがあります。この記事ではオンラインHDFが何かを解説します。

人工透析の仕組み

人工透析は、血液を体内から取り出して人工腎臓であるダイアライザーで血液中の老廃物を除去し、電解質を調整して、血液を戻す方法です。

ダイアライザーには約1万の中空糸と呼ばれる半透膜があります。その半透膜の内側を血液が流れ、外側を透析液が流れます。半透膜には小さな孔が空いていて、血液中の老廃物はその孔を通って、透析液の方に流れていくのです。

これは濃い液体と薄い液体を一緒にしたところを思い浮かべるとわかりやすいです。濃い液体と薄い液体を一緒にすると混ざり合って、同じ濃度になろうとします。それと同じように血液中には老廃物はありますが、透析液の中には老廃物はありません。ですから、同じ濃度になろうと老廃物が血液中から流れ出ていくのです。

オンラインHDFとは

HDFとは、血液透析にろ過を組み入れた方法です。

HDFはろ過できる量を増やすために液を補充します。そのようにして圧を加えることで、血液透析だけでは取り除くことができない低中分子タンパクを取り除きます。例えると、浮き輪の穴を浮き輪の穴と同じ大きさのお腹の人が通り抜けようとする時に押し下げるのと同じです。

さらにHDFには、オフラインHDFとオンラインHDFがあります。オフラインHDFは補液バックや瓶に入った薬剤を補液にします。そのためろ過するために加えられる補液の量は少なくなります。

一方オンラインHDFは透析液を補液とします。ですから補液の量がオフラインHDFに比べ多くなり、より多くのろ過を行ない、より多くの老廃物を除去することが可能です。

オンラインHDFが必要な理由

オンラインHDFが必要な理由は合併症を防ぐためです。人工透析を長期間行なっていくと、アミロイドーシスという合併症が発症することがあります。アミロイドーシスはβ2-ミクログロブリンが骨や関節に沈着して発症します。発症すると沈着したβ2-ミクログロブリンが神経を圧迫して、手の親指から中指に渡って痛みや痺れが起るのです。ひどい場合には手術を要します。

オンラインHDFではアミロイドーシスの原因であるβ2-ミクログロブリンを除去することができます。オンラインHDFに必要な補液はダイアライザーの入口で足され、出口で捨てられますので、体内に補液が入ることもありません。

オンラインHDF対応をするクリニックについて

通常の人工透析よりも良いと知られているオンラインHDFですが、残念ながらオンラインHDFに対応するクリニックはまだまだ少ないです。

オンラインHDFに対応するクリニックが少ない理由は、オンラインHDFはきれいな透析液で行なう必要があるからです。透析液の水質管理を厳しく行なっているクリニックだけがオンラインHDFを行なえます。

合併症が防げるオンラインHDFを

オンラインHDFならβ2-ミクログロブリンを取り除くことができ、合併症アミロイドーシスを防げます。透析液の水質管理を厳しく行なう必要がありますので、採用しているクリニックは多くはありません。しかし合併症を防ぐことができることを考えると、人工透析を行なわなければならなくなったなら、可能であればオンラインHDFを選択したいです。